このブログ レーシック体験談はノンフィクションです。実際に当ブログ管理人 レーシック体験者が、品川近視クリニックにて 品川エディション 最高級スーパーイントラーレーシックの施術を受け、レーシックの素晴しさ、レーシックの凄さを体感し、レーシック施術を受けるか迷ってる方、まだレーシック施術のことを知らない方の参考になるように作られたブログです。

2008年12月24日

レーシック施術当日 その6

 前回の続きです・・・


 13Fに移動してロッカーに私物を入れてからは、Σ(・o・;) アッと

 いう間に事が進んで行きました。


 13Fの待合室でどれ位待ったでしょうか?

 たしか移動してきてから落ち着く間もなく名前が呼ばれて、

 フラップ作成に入りました。


 そういえば、その時、変な帽子をかぶせられてた様な気が・・・


 フラップ作成の部屋へ入り噂のイントラレースレーザーとやらに

 身を任せます。



 この時、医院の先生が自己紹介やら機械の解説やらしているのか

 マスク越しにぼそぼそ喋っているので何を言ってるのか、さっぱり

 分かりませんでした・・・



 とりあえず、歯医者にあるようなイスに座って、後は全てを先生と

 看護士に任せておけば、オッ系です。



 フラップ作成が終わり、次は視力の矯正で、違う部屋に移動します。

 この時点でも、変な帽子はかぶったままです。

 絶対に変な帽子は脱がないで下さい・・・



 変な帽子をかぶったまま移動をしたあと、次の部屋でも、先生が

 何を言ってるのか分かりませんでした…( ̄  ̄;)ブツブツ



 しかし、そんな状況でも先生と看護士に身を任せておけば、すぐに

 レーシック施術は終了してしまいます。



 個人差がありますが、痛みや眩しさを感じる人も少なく無い

 様ですが、レーシック施術後すぐに視力が回復して、裸眼で良く

 見える様になっています。



 窓越しに映る、変な帽子をかぶった自分のアホづらもはっきりと

 見える様になりますよ^^



 その後、何とも呆気なく「お疲れ様でした、お忘れ物無く」と

 待合室で待機すること無く、13Fに移動してきた時の流れのまま、

 医院を後にします。



 私は思わず、「終わり?帰って良いの?」と看護士さんに聞いて

 しまいました。


 看護士さんには逆に「はい?何かありますか?」と聞かれてしまい

 ました・・・



                続く・・・



 ブログランキング参加中です。

 役に立ったと思われた方は猛烈にプッシュしていって下さい。

 にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ     人気ブログランキングへ


ラベル:レーシック
posted by レーシック体験者 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レーシック施術の流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。