このブログ レーシック体験談はノンフィクションです。実際に当ブログ管理人 レーシック体験者が、品川近視クリニックにて 品川エディション 最高級スーパーイントラーレーシックの施術を受け、レーシックの素晴しさ、レーシックの凄さを体感し、レーシック施術を受けるか迷ってる方、まだレーシック施術のことを知らない方の参考になるように作られたブログです。

2009年01月24日

レーシック施術後の合併症について

レーシック施術後に考えられる合併症について、何点が紹介します。


ドライアイ

フラップを作成した事により、レーシック施術後、眼が乾燥しやすい状態になります。

眼の乾きが気になる場合は、点眼薬による治療が可能になります。

症状は時間と共に解消されていきます。






ハロー・グレア

レーシック施術後は、暗い場所で光が眩しく見えたり、滲んだ様な感じに見える場合があります。

車のヘッドライトや電灯等の光源の周りに霞んだ様に光の輪が見えるのがハロー(光輪症)と言います。

そして同じく、車のヘッドライトや電灯等の光源の周りがギラギラとした感じに見えるのがグレア(光輝)と言います。

殆どの場合、医院で出された点眼薬を注していれば数ヶ月で症状は改善されます。

※個人によっては症状が事なる場合がありますので、あまりにも見ずらい場合や何ヶ月も症状が続く様であれば、医師に相談する事をお薦めします。






その他の合併症

稀に極度の眼の乾燥により、フラップにシワがよったり、炎症が強くなる(層間角膜円)場合がありますが、適切に医師から治療を受ける事により、改善されます。この場合はレーシック施術後2日〜4日後に医師の診断を受ける様になります。

またレーシック施術後にステロイド系点眼薬を使用する事により、一時的に眼圧が上がる事があります。
場合によっては、その眼圧を点眼薬によって下げる治療を行なう場合もあります。

通常はステロイド系点眼薬の使用を中止する事により症状は改善されます。







レーシック施術後の合併症を防止する為の厳守事項。

●施術後の翌日検診を必ず受診する。
●翌日検診までの外出時は保護用眼鏡の装用と、術後1週間は就寝時に保護用眼帯を必ず使用する。
●術後1週間は、眼の周りの化粧は控える。
●術後1週間は眼に汗や水が入らないように、また1ヶ月は眼を擦ったり、強く押さえたりしない。
●処方された点眼薬・内服薬等は、必ず指示通りに点眼または服用する。


 ブログランキング参加中です。

 役に立ったと思われた方は猛烈にプッシュしていって下さい。

 にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ     人気ブログランキングへ


posted by レーシック体験者 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 手術後の合併症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。